ニュースや新製品情報をのんびり、まったり、感想など書いています。
勤務医と開業医のメリットデメリット
2012年09月04日 (火) | 編集 |
勤務医と開業医のメリットデメリットといえば
まず、それぞれ医者として働く側と、患者として
見てもらう側、更に医療スタッフとして
かかわる側でそれぞれメリットとデメリットが
違ってくると思います。
私は医師免許や医療関係の資格がないので
あくまで想像の範疇で医師の立場でのメリットと
デメリットについて考えてみたいと思います。

まず、勤務医のメリットとデメリットですが
やはり初期投資の少なさが大きなメリットだと
思います。
とはいえ、医師免許を取得するまでの学費などを
初期投資と考えると、話は違って来るのですが
開業資金が要らないというのは医療関係の
高額な設備を整えたりする必要がないので
メリットがあると思います。
また、スタッフを雇ったり、税金の申告など
細かい作業に悩まされる事がないのもいいですね。
デメリットは、開業医に比べて収入が低いのではと
考えています。

次に開業医のメリットとデメリットですが
まず親も医師だった場合、開業に関する資金が
低く抑えられるのが大きなメリットだと
思います。
また、勤務時間に柔軟性があり、技術的な
評判も高いと、医師であるという以上に
更に高収入や名声が見込めると思います。
デメリットは、医師として働くだけでなく
開業する事に付帯する細かい作業があるという
事です。
その点勤務医だとより仕事に専念出来るのではと思います。

勤務、開業の良さ悪さは、それぞれ
一長一短があると思います。
勤務医として経験を積んで、開業医となる
選択も出来ると思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック