FC2ブログ
ニュースや新製品情報をのんびり、まったり、感想など書いています。
ジョセフ・アンド・ジ・アメージング・テクニカラー・ドリームコートについて
2018年07月24日 (火) | 編集 |
「ジョセフ・アンド・ジ・アメージング・テクニカラー・
ドリームコート」のページを見てみました。
私が興味を持った内容や魅力を感じた点は、まず
「キャッツ」や「オペラ座の怪人」を作曲した
アンドリュー・ロイド・ウェバーと
「ライオンキング」や「エビータ」の作詞をした
ティム・ライスの二大巨匠が組んだ
ミュージカルだという事なんです。

主人公ジョセフは12人兄弟の末っ子で
兄に売り飛ばされて奴隷になってしまいます。
でも、数々の苦難を乗り越えていくという物語なのだとか。
旧約聖書・創世記をモチーフとしていながら
劇中劇というスタイルで、現代も
舞台になるのがユニークだなと思いました。

楽曲は全編英語なのでわかりづらいかなと心配だったんだけど
字幕付きで楽しめるのがいいですね。
ロックや合唱、ゴスペルなど、さまざまなジャンルの音楽が
登場するのも面白いです。
ダンスも見逃せません。

公演の日程は、関東エリアは8月18日と19日、
関西エリアは8月25日と26日です。
詳しくはユースシアタージャパン 公演情報サイトに掲載されています。
夏休みの思い出に親子でミュージカルを楽しむのもいいですね。
Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoat
(ジョセフ・アンド・ジ・アメージング・テクニカラー・
ドリームコート)
ぜひチェックしてくださいね♪



※ この記事はレビューブログから情報をいただき書いております

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック